婦人

切らない脂肪吸引で運動なしで美しい身体を手に入れよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

肌の機能低下を予防する

鏡を見る人

しわの原因を知ることで年齢と比例したしわの増加を予防することができます。しわは肌の老化現象を表していますが、ある程度は対策を講じることもできます。ここではしわの仕組みについてまとめます。しわの仕組みと原因について知識をつけましょう。まず皮膚は3つの層でできています。肌の表面は表皮・真皮・皮下組織で構成されています。皮下組織は脂肪成分の層なので美容の観点からだと表皮と真皮が大切になってきます。しわにもいくつかの種類と原因がありますが、大きくわけると表皮に生まれる小じわと、真皮に生まれる深いしわにわかれます。表皮が原因となる小じわは、肌の水分不足によるものです。肌が乾燥すると表皮の最上層である角質層も水分が不足します。ここが乾燥してくると、皮膚の機能低下がすすみしわが生まれてきます。表層の小じわを防ぐには、角質層の水分保持機能をしっかりと保護することが大切になります。化粧品などを上手く活用して角質層の水分を一定に保つように努めましょう。真皮に発生するしわは加齢や紫外線が原因となるのがほとんどです。加齢や紫外線により皮膚の細胞が破壊されることが弾力性の低下や弛緩に繋がるわけです。真皮の機能低下は防ぐことが難しくなります。普段から日光を予防したり、健康的な生活をすることで予防していくしかありません。紫外線対策などで機能低下を予防できるように心がけましょう。肌はしっかりとケアすることで、数年後や数十年後に大きな差がひらきます。肌が綺麗な人はいつまでも美しく若々しくみえるものです。